4~5日前から右手側の背中の上下中間地点付近に異常なコリ
筋肉痛かと思って塗り薬やら貼り薬なんかをしたけど改善せず
そうこうしている内に呼吸できているのに息苦しい感覚を覚え
生まれてこの方、経験した事のない症状に困惑していました

そして昨日の朝、息苦しいを超えて完全に息ができていない
呼吸そのものは行えているのに全く酸素が取り込めていない
感覚としてですが、その状況になって気を失いそうになった

これはヤバイ、流石に様子を見る段階は超えていると感じ
苦しくてどうしようもない状況の中、何とかタクシーを呼んで
初めて行く循環器科内科クリニックに到着、原因は心不全でした

タクシーが自宅に到着する間、そして病院に着くまでの道中も
いつ気絶するか判らない位の苦しさだったので死を覚悟した

あんな苦しいのは初の体験、通風の痛みなんて可愛いと思う程
長年、思いつつも実行できていなかったタバコを遂にヤメました
1カートン買ったばかりで勿体無いんだけど、あの苦痛は拷問だわ

で、診察時の血圧、上が220、下が130、いやビックリ
もし脳の血管が弱っていたなら、確実に脳内出血だろうね

医師と一緒にエコー検査による自分の心臓の動きを見ました
動きが弱い上に動いている範囲が下側の一部だけの状況でした
たまに胸に針を刺されたような感覚になっていたのはこれでか
なんて妙に納得したと言うか、結構ヤバかったんだと思いました



私の父は55歳の時、生まれて初めての心臓発作で他界しました
心臓肥大による内部容積の低下で完全に止まってしまったそうです

今思えば、普段から訴えていた不調や体の浮腫みが示していました
あの頃、その判断ができなかった自分の知識不足が本当に悔やまれる



心不全は病名では無く症候名との事で色々調べると判り難い
調べていく内に他の臓器が大きく関わる病状であると知った

そして検査では腎臓の数値もかなり厳しい状況で腸も良くない
腸に関しては喫煙が主な原因で善玉菌が悪玉菌に負けている

普段の食事では善玉菌の優位を保つべく意識して食べていました
しかし喫煙はその努力を上回る致命的な習慣だと思い知りました

喫煙を停止したので腸はゆっくりながらも改善を期待できるけど
腎臓はかなり面倒、食に関しての制約・加減が難しいので困った

困ったと言っても透析予備軍は間違い無い状況の数値が出てる
あと少しで、いつでも人口透析ですよって数値なんで気合いだね
いゃ、気合いだけでは治らないけど、メゲないで立ち向かいますぜ!



■処方された薬は以下の6種

ラシックス錠、アルダクトンA錠、ミカルディス錠、
ノルバスクOD錠、ミリステープ、メインテート錠

PAGETOP